東京カカオ 通販小笠原諸島の幻のチョコとはちみつはお取り寄せできる?

小笠原諸島の幻のチョコレート【東京カカオ】と黒いはちみつが所ジャパンで紹介された。

どちらも希少なもの。

 

小笠原諸島の幻のチョコレート【東京カカオ】

 

東京カカオという幻のチョコレートは小笠原諸島の母島で採れたものカカオ豆から作ってる。

埼玉県にある平塚製菓株式会社というお菓子を作るメーカーが東京カカオプロジェクトを

立ち上げ土壌をつくり、木を育て、実を収穫し、発酵から製品化まで手掛けた。

 

小笠原諸島の亜熱帯気候を利用してカカオ豆を生産。

カカオマメを生産してるのは折田農園さん。

平塚製菓さんが母島で初めてマンゴーの栽培に成功した折田農園さんを

見込んでカカオ豆を育てることに協力を依頼。

 

 

小笠原諸島は東京都なので東京産カカオでできたチョコ。

この東京産カカオで作ったチョコレートがやっと発売にこぎつけた。

20,000個限定なのでとっても希少なチョコ。

 

それがチョコレート・TOKYO CACAO(東京カカオ)

珍しそうなのでお取り寄せできるか調べてみた。

TOKYO CACAO(東京カカオ)のお取り寄せはいくら?

一番気になるのがいくらで買えるか?ってこと。

お値段は3,240円。

 

3,240円だから巨大なチョコかと思ったら内容量は46g。

明治チョコレートなどの板チョコより少ない内容量なので、すごく高級な部類。

さらに下記の送料がかかる。

北海道1100円(税込)東北759円(税込)北陸・信越・関東・東京(小笠原諸島含む)・中部693円(税込)関西759円(税込)中国・四国902円(税込)九州1100円(税込)沖縄1364円(税込)

初めての東京産チョコだから高いのはしょうがない。

もしかしたら味がものすごくおいしいのかも。

カカオ70%のダークチョコ。ポリフェノールがたっぷり入ってるね。

ダークチョコレートだけど味はマイルドらしい。

チョコレートの表面には江戸切子を立体的にデザインした模様が施されてる。

江戸切子なんてまさに日本製で東京ってイメージ。

東京カカオをお取り寄せできる販売店

通販・お取り寄せで予約販売しているのは、東京カカオプロジェクトのオンラインストア。

 

小笠原諸島の黒い蜂蜜


所ジャパンで所ジョージさんが食べて「おいしいー」って叫んでたのは

小笠原諸島で採れた蜂蜜。

 

瓶の中を見ると普通のハチミツとは違って黒い色をしてる。

その正体は甘露蜂蜜。

 

樹木から出る樹液をアブラムシやカイガラムシが食べて

アリをおびき寄せるためにお尻から分泌した甘い排泄物を

蜜蜂が集めたもの。

 

虫の排泄物を集めたものって聞くと?と思うけど食べてみると

みたらし団子の味がしておいしい。

 

独特の甘さなので好き嫌いはあるようだけど栄養満点。

 

マヌカハニー以上の抗菌力があるらしい

甘露蜜はヨーロッパではマヌカハニーより抗菌力が高いと評判。

 

抗菌力以外にもポリフェノールやミネラルも普通の蜂蜜より

豊富に含まれている。

 

甘露蜂蜜はハニーデューと言われててヨーロッパやオーストラリアから

輸入されるものがほとんどで国産はとても希少。

 

日本の甘露蜂蜜は今や世界的に注目されてる。

 

この甘露蜂蜜はとても希少なのでお取り寄せはできない。

欲しいなら直接、小笠原諸島の父島へ行こう。

 

通海外のハニーデューなら通販できる。

私がお取り寄せしたのはニュージーランド産のハニーデュー。

1キログラムと大容量で2,700円だったのでマヌカハニーより格安。

 

加熱されていないので抗菌パワーもちゃんと残ってる。

抗菌力はマヌカハニー以上という説もある。

これを食べるようになってから風邪は引いてない気がする。

⇒ニュージーランドの甘露蜂蜜ハニーデュー1キログラム